盛岡市菜園の自然整体 心にやさしい理にかなった痛みのない心地のいい整体は、頭痛・首こり・肩こり・腰痛など慢性症状に相性抜群でおすすめ!! 完全予約制 評判の口コミ多数。揉んだりボキボキしないのに気持ちよく、しっかりと前後のチェックをすることにより変化を実感・体感できる整体。カウンセリングもしっかりしており整体が初めてでも安心。続けて受けると自分でも調整できるようになるお得な整体。症状が戻ってしまう他の整体とは一味違う、不思議で面白さもある整体。これは一度受けてみる価値あり!!!

盛岡市 整体 疲労

盛岡市 整体 疲労

肉体疲労というサイン

疲労は身体からの初期のサインです。

休めばよくなる。ほっとけばよくなる。
それは本当かもしれません。

ただしそれが、いつもと違うことによるものであり、その負担が継続的にかからないものであれば問題ないことも多いのですが、いつもしていることによって起こった疲労であれば、行動に変化を必要とするかもしれません。

その疲労というサインを無視し続けると、それはやがて慢性的なものとなり、痛みへと変化していきます。それでも無視し続けると、その痛みは強いものへと変化し、それでもまだ無視し続けると動けなくなるほどの、ぎっくり腰や寝違えのような痛みになってしまいます。

また、内科的疾患・病気として現れることもあります。

疲労というメッセージから、生き方(生活習慣など)をシフトさせ、調整し、調和をとり、健康で幸せな生き方を選択することもできます。

意味のあるメッセージを受け取り、活用していきましょう。




夜の睡眠時間を減らす方法

1.眠る前の食事量を減らす。

食べたものは、消化するためにエネルギーを消費します。それが眠る前だと、エネルギーを回復するためではなく消化するために使ってしまうので、眠った時間の割には体の疲れが取れなかったりします。

眠る前の食事は控えめにすること。
必要であれば抜くこと。

2.習慣づける。

人の心身はいつもと同じ行動をとりやすい仕組みになっています。習慣、です。それを活用し、まずは3日、ちょっと頑張って理想を達成します。潜在意識レベルで考えれば3週間、継続します。肉体細胞レベルでは3ヵ月、継続します。

いろんな次元での習慣ができると、それが当たり前のものとなっていきます。

3.昼間に眠る。

もしもどうしても足りないなら、昼寝をしてしまえばいい。トリックでもずるでもなく、夜の睡眠を削る一番シンプルな方法かもしれません。

もう少し踏み込むならば、昼間に、眠っているときと同じような深いリラックス状態を創ること。瞑想をすること。瞑想状態で活動すること。疲労しない心身の状態で活動すること、となります。

よりクリエイティブな仕事ができますよ♪

2019.2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional