盛岡自然整体-aru-  整体施術 ヒーリング 瞑想 祈り

盛岡自然整体-aru- ヒーリングの探求

盛岡市 整体 ヒーリング

 ヒーリングは目に見えないものです。感じるものです。量子力学で証明されている部分もありますが、まだまだ一般常識の外にあるものです。頭や肉体にとらわれているとその繊細な感覚には気づけません。

 それでも、目に見えないけれども『感じている』人は意外と多いものです。例えば、なんとなくこの場所は居心地いい、とか、この人は気持ちのいい人だ、とか感じたりしているわけです。

 分析すれば、姿勢や表情や声のトーンなど理由付けができるかもしれません。それらとリンクしているのが『気』『オーラ』『エネルギー』などなのです。

 誰しも『パーソナルスペース』(自分の領域)というものがあり、それを心許していない人に犯されると居心地の悪い思いをします。

 例えば、なんにも知らない人が鼻の先10センチのところに立たれたりしたら居心地の悪い思いをするでしょう。怒りがこみ上げることもあるかもしれません。

 そんな『見えないけれども感じる世界』は存在するのです。

ヒーリングとは(盛岡自然整体-aru-の見解)

盛岡自然整体-aru-では、ヒーリング(エネルギーワーク)も同時に行っています。

アチューンメントを受けたものや、意図している名前のついているものは、
・レイキヒーリング
・クンダリーニレイキヒーリング
・リコネクティブヒーリング
・クォンタムタッチ etc
です。

それらは意図することで使い分けることができる、そうなのですが、最近はその必要性も実感もないので、特にどのヒーリングを意図して行っている、ということはしていません。

ただ、どのヒーリング、ではなく、『意図』はもって行っています。

今からエネルギー送りますねー、なんてこともなく、いつでも流れることを祈り、セッション前にお待ちする時間があれば瞑想しつつ癒しを祈り、お会いしてからもお話しながら、施術をしながら、癒されるよう意図しています。

ある著名なスピリチュアル本の翻訳家の方と対面したとき、その当時はよくわかりませんでしたが、○○はレイキと同じだ。というようなことをおっしゃっていました。今となってはそれに賛同します。もしかしたら厳密には違うのかもしれません。ただ、本質においてはどのヒーリングも同じ、ということに関しては異論はないのではないかと思います。

ヒーリングとは何か、となると、いろんな本でいろんなことが書かれていたりすると思いますが、私の見解は『祈り』です。

そして『祈り』とはどういう状態で行うのかと言えば、それは『瞑想』となるのです。つまり、瞑想状態でセッションを行っています。

瞑想しているような状態でのセッションは、感覚は鋭く、そして心地よさがあります。それに受け手の方がオープンに同調すると、奇跡と感じるようなことが起こることも珍しくありません。私の言葉で表現すると、とても面白い結果が出やすい、のです。

ヒーリング、とか、エネルギーワーク、とか、『ことば』に惑わされることなく、崇めたり難しく考えたりすることなく、ただ穏やかに、ゆったりしたおした気分で生きることをお勧めいたします。

2016.7

ヒーリング整体

 ヒーリングとは心を静かにすること。
 自我を手放し魂を表現すること。

 芯に在るのはソレです。ソレが芯にあるのなら、表面は関係ありません。

 体は部品ではなく一つのもの。という理もありますが、ヒーリングという観点からも、心が静かで、穏やかで、心地のいい状態であれば、結果がでます。正直、下手な施術家よりも、治療のことなど何も知らない人のほうが症状を取ることができたりする例もあります。

 芯が理に在れば、頭痛を取るために、足首を活用しても、頭を活用しても、お腹を活用しても、触れずとも症状が取れたりします。 

 心を癒す。
 体を癒す。

 一般常識とはかけ離れています。
 それでも、常識や思い込みや価値判断など囚われを手放すと、どんどん面白くなっていきます。

 道は生きるのが楽になること、運が良くなること、心地よくなっていくことにつながっています。

 とってもおすすめです。

2015.7

整体とヒーリング

 盛岡自然整体-aru-の整体とヒーリングは同じ意図をもっています。目的は同じです。手法が整体かヒーリングかという違いがあるだけなのです。

 目的は『幸福』『心の平穏』『愛』などですが、その過程として多くの場合症状がとれていきます。そのために症状を活用していきます。

 症状の活用法として分かりやすいのがビフォーアフター。施術の前後で症状の変化を確認していきます。それをヒーリングでも活用していきます。

 相性・準備・タイミングなどもあるでしょうが、ヒーリングを実感される方や、楽しめそうだと感じた場合、先に体のチェックをさせていただきます。多くの方に行うのが肩のチェックです。

 その動きをチェックした後にヒーリング(という表現もちょっとおかしいですが。。。)です。もう、『わかる』んです。時間は関係ありません。当然、肩の動きは軽くなっています。

 ヒーリングの心地よさを味わえる方は、ぜひ存分に味わい、その感覚を覚えてください。そしてできるだけ多くの時間思い出してください。ヒーリングは時間も空間も関係ありません。これももう【生き方を変える】ということにつながるのかもしれません。

2015.3

遠隔ヒーリング

 最近、HPには思ったことを正直に書いています。その分、だいぶマニアックになってきたのではないかと思います(笑)他の整体さんとの違いも明確になってきたのではないかと思います。

 端的には『みんな幸せになればいーのにっ』って思っています。そんなこんなの私の思いに共感してくださる方のご縁が増えていることにとても大きな喜びを感じています。

 私が正直に表現するので、お会いできる方も偽りなく正直に表現してくださる方がとても多いです。

 先日、初回にも関わらず病気を告白してくださった方がいました。とてもオープンな方で、施術はとても楽しく結果も満足いくものでした。

 でも、一回で病気がどうこうなるものではなく、本質的にその人が、生き方が変わらなければ人生も変わりません。継続して受けることを提案し、次回のご予約を頂戴しました。(二回目の施術もとても楽しいもので、今後も継続して下さることになり、いずれ出る結果も楽しみです)

 ご縁をいただいた皆様のことはいつも気にかけています。気を送っています。それが、実は『遠隔ヒーリング』でもあるのです。

 体がリラックスできるように、心が穏やかで在るように、心地良く在るように祈っています。

 受け取るか受け取らないか、感じるか感じないかはその人次第です。感じても、感じなくても結果は変わりません。感じなくても、ちゃんと届いているのを私は知っています。

 初回に施術を受けて、二回目いらした際は、その経過をお伺いしています。今回のケースでは、
・とても眠くなった
・とても心地よくなった
・とてもリラックスでき、光のようなものが降りてくる感じがした

 という、面白い感想をいただきました。必ずそうなる、というわけではありませんが、オープンな状態で、拒否することなく受け入れる状態であれば、そんなわかりやすい体験としての癒しを受け取ることもあります。

2015.2

方程式の活用

 ヒーリングは目に見えないかもしれません。でも、実は様々な分野で活用されていたりします。

 スピリチュアル的にはそのままヒーリングですし、武道などにおいては同調と表現したり、科学といわれる分野では量子やプラシーボと言われていたりします。

 結果がどうであれ、科学的にもヒーリングを施す?人の脳波はリラックスしている脳波を発しているといいます。

 眠る直前や寝起きのようなリラックスした状態の脳波はアルファ波で、深く眠っている時の脳波はシータ波をあらわします。

 ヒーリングを意図している人はとても深くリラックスしていて、脳波としてはアルファ波かシータ波なのだそうです。その名の通りの名前の付いたヒーリング法?もありますしね。

 ヒーリングを意図している人の近くにいたりそれを受け取ることで、ヒーリングを受ける人も同調し、深くリラックスします。結果、症状が和らいだりときに奇跡のようなことが起こったりします。

 これを方程式とすると、ヒーリングを意図 → アルファ波 or シータ波 → 結果 となります。ヒーリングを意図しようがしまいが、アルファ波orシータ波を意図したりその状態になれば結果は同じ、かもしれないのです。

 現在ヒーリングは、○○ヒーリング・◎◎ヒーリング、、、たーっくさんいろんな名前で出回っています。本人が信じる手法を活用することは大いに結構だと思います。でも、本質的にはすべて同じ、というのが私の結論です。

 ヒーリングなんて知らないし、当然そんな意図せずとも、近くにいると癒される人もいますよね。

 ポイントは深いリラックス。心の静寂・平穏。幸福で在ること。

 施術時は(現在はほとんど常にですが)そんなことを意図しています。もしもヒーリングに興味のある方は参考になさってみてください。

2015.1

セルフヒーリング

 体のケアは体の探求。体の声に耳を傾ける作業です。それに対して、心・魂・インナーチャイルドのケアは、心の探求。心・魂の声に耳を傾ける作業です。

 どちらも、雑音があるとよく聞こえなくなってしまいます。心を静かに、思考を手放し、静寂の中で耳を澄まします。

 そうして受け取った感覚・声・気づき・インスピレーションに基づいて、必要であれば行動を起こします。

 先日、施術を受けてくださる方からこんな話をいただきました。

「肩が凝ったときにね、こう、自分でそっと触れると筋肉がやわらぐのが分かるんですよ」

 これってもはやセルフヒーリングですよね。かるーく触れただけ、マッサージなどはしていません。ご本人はヒーリングなんてご存じありません。でも、起こるのです。

 私が感じる大切なポイントは『体・心の静寂』です。それを成すために道具をつかったり、儀式をつかったり、マントラをつかったり、いろいろしてもいいとは思うのですが、最重要ポイントは表面のそれらではなく『内側の静寂』。

 あとからついてきた思考・常識・思い込みなどが実は余分な部分。それを手放せば手放すほど、クリアになればなるほど本来の状態・存在に戻れるのです。それには痛みや凝りはありません。

 物事はうまくいくようになっています。それを邪魔しないこと。コントロールしようとするt、歯車に狂いが生じてくるもの。なにかをするときは、その瞬間瞬間、一旦立ち止まり、心を静かにして、気づき・インスピレーションを受け取ることをおすすめします。

2014.12

何もしない

 『整体施術を受けに来てくださる皆様に満足していただく』という探求を始めてから、四国で学び、瞑想というヒントを受け取り、そこから『ヒーリング』というものにたどり着きました。

 調べてみるとヒーリングというのは実に様々なものがあり、手法も様々です。何かを唱えたり、意識したり、イメージしたり、ある行動をとったり。。。

 いくつか受けてみたり、アチューンメント(それを受けると自分もできるようになるというもの)を受けてみたりしました。

 そうして私が受け取ったことは、『ヒーリング』と『瞑想・祈り』は同じもの。

 もっと言えば、特別な『何か』をしなければ成し得ないものではないということです。

 ある意味では逆に『何もしない』ということです。

 それを私は、『エゴ・思考・常識・思い込み・定義など(ほんとはすべて同じもの)を手放すこと』と表現しています。

 それは施術をしながらでもできることです。もちろん受けても同じように手放した方が受け取りやすいので、静かに動かないで感覚にだけ意識を向けていただいた方がより楽しめるかもしれませんが、基本的には施術と同時にヒーリングも行っています。必要と感じればそういった時間も作っています。


意識しないで動く筋肉 ブログより

筋肉の動きには、
意図して動くものとそうでないものがあります。

随意筋と不随意筋です。

随意筋は意図して動かすことのできる筋肉です。

不随意筋は意図して動かすことのできない筋肉、
心臓の筋肉などはそうですね。
あとはぴくぴく動いたりするのもそうです。

ヒーリングの反応の一つとして、
その不随意筋が動くという反応があったりします。

瞼(まぶた)とか、
指先とか、
あるいは意図して動かすことのできる筋肉が勝手にぴくぴく動いたりとか。

施術をしているとそういった反応が見られることも多々あります。

面白いのでどんな感じですか?と訊いてみると、
実際にはそのこ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional