盛岡市菜園の自然整体 心にやさしい理にかなった痛みのない心地のいい整体は、頭痛・肩こり・腰痛など慢性症状におすすめ!完全予約制 土日も受付 評判の口コミ多数。

盛岡市 整体 冬

盛岡市 整体 冬

盛岡自然整体-aru-の整体

 2015.1.25。今シーズンは最高気温が上がり、真冬日がほとんどない印象です。でも、本日8:00の気温は-4℃。久しぶりに『冬』を体感する寒さです。

 私は基本的に車は使わずに通勤しています。外気に触れることで体を味わうことができ、それが楽しいというのが理由の一つです。

 足の感触、腰の感触、肌を触れる空気の感触、思考が静まっている感触、浮かんでくるインスピレーション。味わうのです。

 とりわけ空気の感触は分かりやすいかもしれません。単純に、風が吹けば寒いし、日が差せば暖かい、それを意識的に、繊細な感覚で味わうのです。感性を磨いていくのです。

 盛岡自然整体-aru-の整体は、冬のキーンと冷え込んだ空気の中で、差し込む日のほんのりとした暖かさ味わうような整体です。

 家の中に入ったりストーブにあたった時のような、うわーあったかーい、というような感じではなく、微細な心地よさです。そんな繊細な感覚を磨いていくと、生き方も微妙に変化したりしていきます。

 より自然な生き方に変化していくと、より自然な状態、症状のいらない状態に変化していきます。

2015.1.25

安静 ~食の摂り方~

 今シーズンもインフルエンザが流行しているようです。近くの人がバタバタ、というわけではないのであまり実感がありませんが。。。

 風邪、腰痛、病気、これらになったらどうすればいいのでしょうか。またはどうするでしょうか?

 共通する選択肢には【安静】があります。ある意味「安静」は万能薬です。人の体は治るようにできており、その働きを邪魔しない、余計なことをしない、ということが安静なのですから。

 もちろん、当院の整体のように、さらにその働きを促すようなことができればより効果的です。

 先日、
「お正月から胃の調子が良くない、ずっともたれてる」
という相談を受けました。その方は、
「一日おかゆで過ごそうかとも思っているんだけれどもつい食べちゃって」
ともおっしゃっていました。

 もう答えは出ていますよね。

ご自身の体の感覚に従えばいいだけのことです。

 多くの方がしてしまっているのが、それまでの常識・思い込みにより体の声を無視して食べ過ぎていることが多い、ということです。

 上記の方のような状態での【安静】は、断食・もしくは小食です。

 小さい頃、風邪をひいたときは「プリンでもヨーグルトでも何でもいいから食べなさい」と言われたのを覚えています。食べれば元気になりそうな気がしますよね。でも、逆の場合もあるのです。

 ちょっと調子がおかしいかなと感じたとき、私は一食か二食抜くようにしています。食べた方がいい場合もあるかもしれませんが、もしよければお試しください。

2015.1

温泉

 私、温泉が大好きです。特に冬の露天での雪見風呂♪

 昨年は秘湯に目覚め、後生掛けさん、ふけの湯さん、夏油さん、国見さんなど、冬季は閉鎖になってしまうところばかり行きました。そういったところが11月に閉鎖になってしまい、なんとなく終わってシーズンが終わってしまった気分になっていましたが本来は今が本番。休みのたびに出かける予定の候補に温泉が入ります。

 ふと思ったのです。なぜここまで温泉が好きなのだろう、と。

 温泉に浸かっていると、リラックスして心も体も軽くなります。ではなぜ、リラックスできるのか、心も体も軽くなるのだろう。

 シンプルには体が温まることによって安心できるという事があると思います。温泉の成分もあるかもしれません。でも整体や心の探求・スポーツの経験から思うのです。

 そこにあるのは、

心の静寂

     です。

 思考のない、なんとも心地のいい瞬間です。これを読んでくださっているあなたが好きなことは何でしょうか?それをして、それを本当に味わっているとき、心はとても静かではないでしょうか?

 もしかしたらその心の静寂を得るための手段として私は温泉を選んでいるのかもしれないと思うのです。

 お好みもあるでしょうか、冬、雪が降る中、テレビもスマホもない状態で、あったか~い温泉に浸かる、好きです。

2015.1

柔らかい体の使い方

(2014.12.19)今朝の通勤時の気温は0℃。
0℃だと暖かく感じる体になりました( *´艸`)

凍った道を歩くのは嫌いではありません。
ふざけてると転びますけど(笑)

体の凝りや痛みが無い方は、
体がリラックスしています。

逆算しましょう。
体をリラックスさせれば、
体の凝りや痛みは軽減します。

凍結した道を歩いたり運転するときは、
ほとんどの方が緊張します。

この「緊張」を観察し、
できる範囲で余分な力を抜くように『意識』するのです。

息を吐くのでもいいし、
笑うのでもいいし、
肩を下げてもいい。
緊張を緩ませると意識した時に感じることを実行してみます。

この感覚を磨くと、
結構簡単に症状をとることができるようになりますよ\(^o^)/
いい練習になると思います♪

2014.12

冬のケア

 盛岡の冬と言えば『雪』ですね。

 こういった道を運転・歩行時には、ある程度の緊張を必要とするかもしれませんが、大概は必要以上に緊張しています。できるだけリラックスに努めてくださいね。

 意識を向けて、緊張している箇所が緩むようにイメージするだけでもいいのです。できるだけ自然に、よどみを作らないようにできるだけ心地いい運転・歩行をおすすめします。

 雪かきもそうですが、無理をしたりカラダの声を無視するとおかしなことになるのでご注意くださいね。

 お風呂にゆっくり入ったり、温かいものをいただいたり、ストレッチやヨガ・瞑想してみたり、緊張をゆるゆるさせちゃましょ~♬

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional