盛岡自然整体-aru-の整体施術での、自律神経失調症と診断された方へのアプローチ。なかなか良くならない症状は、心が原因だと診断されることがあります。それでも実は、あまり知られていない体の歪みが原因の場合も多くあります。そんな一般的にはあまり知られていない体へのアプローチで症状の改善を目指します。また、心因性の場合の心の取り組み方も必要であれば提案させていただきます。そんな総合的なお手伝いをしていきます。

盛岡市 整体による自律神経失調症へのアプローチ

盛岡市 整体 自律神経失調症

 自律神経失調症とは、自律神経(=交感神経と副交感神経)のバランスが取れていない状態のことをいいます。

 交感神経は緊張するときに働く神経で、主に昼間によく働きます。対して副交感神経はリラックスするときに働く神経で、主に夜間によく働きます。

 このバランスが取れることによって、適度な緊張と弛緩(=リラックス)がとれ、心身のバランスも保たれるのです。

 このバランスが崩れてしまうと、頭や腰や胃が重い、肩がこる、おなかが張る、眠れない、イライラする、倦怠感、のぼせ、冷え、寝汗、憂うつ感、食欲不振、吐き気など様々な症状をきたします。

 言ってしまえば上記の症状をお持ちの方は自律神経失調症予備軍と言えると思います。病院に行って診断を受けないだけで、実はほとんどの方が多少なりとも当てはまっていたりします。

 ただ、私はそんな病名など関係ないとも思うのです。体や心が心地いいと感じることをしていく。そんなシンプルなことが盛岡自然整体-aru-の方針であり、自律神経失調症と言われている症状をを治していく効果的な方法なのではないかと思っています。

心と薬

 現在来院される皆様の中にも、意外と?お薬を利用されている方が多い状況です。薬は基本的に症状に対するアプローチです。そして基本的に症状を治すものではなくて『抑え込む』ものです。

 抑え込んだなら、当然反作用として出てこようとしてしまいます。ですから、薬が切れると症状が強くなります。おそれ・不安・怒り・罪悪感。。。薬が効いている間に、自然治癒力が働けば症状はいらなくなっていきますが、それが無ければ症状はなくなりません。

 それに困って病院に駆け込むと、さらに薬が増えたり強力なものに変わっていくことになります。

 本質的に薬では治りません

 また、薬は抑え込むものなのですが、それにより感覚も鈍くなってしまいます。盛岡自然整体-aru-の施術は、人が本来持っている感覚をとても大切にする施術です。

 『気持ちいい』『心地いい』と感じる姿勢や動きを提案しています。薬を使われていると、それがよく分からない状態になっている方が多いようです。

 ある例があります。最初気持ちいいという感覚はよく分かっていない方でした。薬は朝昼晩毎日の服用。3回程度施術を受けていただいたら症状は好転していき、薬の服用をやめたそうなのです。

 3回程度受けて、辛さを10段階で表現すると、(最初を10とすると)6くらいになったのです。その段階で薬をやめてみたそうなのですが、その後の1回の施術で症状は一気にとれたのです。

 上記は少し極端な例かもしれませんが、本来の感覚を妨げているもの(薬)を減らし、本来治るようにできているその感覚に従えば、症状はいらないものとなるのです。

 でも、ご安心ください。

 その感覚が鈍っている状態でも、個人差は当然ながらありますが不思議と結果が出ることが多いのです。

 調整しているとき、ご自身では気持ち良さがよく分からない、とおっしゃるのですが、調整後にチェックするとちゃんと整っているのです。本人にしてみたらほんとに不思議です。なんかよく分からないけれども楽になった、という感覚です。

 一気に薬をやめる必要はありません。すぐに減らさなくても構わないと思います。でも、薬は基本的にいらないもの、いずれは手放すものだという事は意識していただいたほうがいいと思うのです。

2015.2

整体的アプローチ

 自律神経失調症の方は神経のバランスがとれていないことによって症状が出ています。神経のバランスが取れていないと、実は身体のバランスも崩れていることがほとんどなのです。

 つまり、身体のバランスをとることにより、神経のバランスをとっていくという事が期待できるのです。

 身体を拝見すると、骨盤などの土台や、首などが歪んでいたりします。

 盛岡自然整体-aru-の整体施術は、心地よさの探求です。深いリラックスを味わうことができれば、それは副交感神経が正常に働くという事になります。

 深いリラックスは、症状の改善が大いに期待できると思うのです。

 ところが、身体の症状は筋肉や骨格だけで成り立っているものではあります。それだけで大きな変化を体感される方もいらっしゃるのですが、それだけでは不十分な場合もあります。


心からのアプローチ

 深いリラックスを味わうこと。それは無意識では成しえません。それは副交感神経だけが働いている状態でも成しえないという事です。適度な緊張と適度なリラックスです。

 スポーツをしていて、とても集中した状態の心地よさを感じたことはあるでしょうか?あの状態です。不安や恐れや怒りや後悔や時間の感覚が無くなる状態。

 深い集中と、深いリラックスの、とても意識的な状態です。

 私は多くの方に『好きなことしてくださいね~』と提案しています。それが大切な一歩だと思うのです。ご自身で何が本当に好きなのか、何が心地いいのか気づいている方は踏み出しやすいのですが、緊張で凝り固まってしまっている方は、好きなことを伺っても答えが出てきません。

 もっとシンプルに、もっと真実に近いことを提案するならば、おすすめは『瞑想』です。でもこれって一般的ではなかったりするので、好きなことや、ヨガや太極拳、私が提案するセルフメンテナンス法をおすすめしています。


食からのアプローチ

 自律神経は不規則な生活や食事に弱いと考えます。

 甘いお菓子やスナック(化学添加物が多い)、酒や清涼飲料水など陰性の食べものばかり食べている人は、同じ陰の交感神経を常に緊張させてしまいます。

 交感神経が過剰に刺激され続けることで、副交感神経の働きもおかしくなり、ふたつの働きが相互に支え合って保たれていたバランスが崩れてしまったというわけです。

 陰性の食べもの、身体を冷やす食べものは極力避け、全粒・未精白の穀物中心の食事にします。白いご飯の場合は押し麦を追加することをおすすめします。これは玄米食よりも食べやすくておすすめです。

 腸の働きを活性化させるために、しょうが湿布やゆでこんにゃくで温めます。

 動物性食品や甘いものを避け、穀物と良質の野菜中心の食事にします。
*参考文献:からだの自然治癒力を引き出す食事と手当て


関連・おすすめページ

お子様をお持ちの皆様へ(お子様がいない方にもおすすめです)
整体と食
整体師が考える自然とは
整体と心

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional